笑顔で考える女性
  • ホーム
  • ピルは避妊目的以外での効果もある

ピルは避妊目的以外での効果もある

考えている女性

男と女の付き合いの中で、やはり避けられないのがセックスでしょう。
これはお互いの気持ちを確かめ合い、愛情表現をしていくものとしては、とても大切なものです。
二人の時間を大切にしていくのにもとても良い手段といえましょう。
ただ、セックスをすると妊娠をする可能性もあるのです。
ですから、それを避けるためにも避妊をしていくようになります。
避妊方法としては、男性のコンドームの使用が一般的ですが、最近は女性が避妊薬を服用するということも徐々にされるようになっています。
それがピルの服用です。
低用量ピルを飲み続けることで、妊娠をしないような体にしていくことができるのです。
その仕組みとしては、女性の体を28日の生理周期にして排卵を抑える働きがあるのです。
排卵を抑えることで、セックスをして精子が女性の体内に入ったとしても受精をする機会がなくなるというわけなのです。
ピルを飲むことで、避妊方法としてはとても高い成功率になるといわれます。
多くの女性が避妊目的でピルを服用するのですが、一方で違った効果を期待して飲み続けるという場合もあるのです。
生理周期を28日に固定することができるので、生理不順に悩んでいる人でも症状を改善できたり、ひどい生理痛や排卵痛がある人でもピルで改善できたりする働きもあるのです。
また、子宮内膜症などの予防になったりしますし、肌荒れの防止になったりすることもあります。
ですから、産婦人科で生理などについての相談をすると、ピルが出されることが多いのです。
ピルを飲むことで、子宮や卵巣を一時的に休めることもできたりするので、そのほかの良い効果も期待することができて、避妊以外にも良い点がたくさんあるのです。

人気記事一覧