笑顔で考える女性
  • ホーム
  • ピルに毒性はないのか?休薬の必要性は?

ピルに毒性はないのか?休薬の必要性は?

落ち込んでいる女性

ピルと言えば、毎日服用していれば高い避妊効果を得ることができる便利な薬として知られていますが、女性のホルモンに影響する薬だという性質上安全性や毒性について不安を感じる人もいます。
一般的に、ピルはエストロゲンなど女性の体内に存在するホルモンと同じ成分を含み、同じ作用を与えます。
本来のホルモンバランスを崩し、強制的にコントロールすることになるため長く使えば毒性が現れるのではと心配する人もいるでしょう。
結論から言えば、ピルに含まれる成分はあくまでも女性の身体にもともと備わっている成分であるため、服用したとしても毒性を与えることはありません。
ただ、毒性とまでは行かないものの、様々な副作用が現れる可能性はあります。
副作用の発生はピルに限ったことではなく、この世に存在するあらゆる医薬品で同じように起こり得ます。
ピルの場合は吐き気やめまい、蕁麻疹といった軽微なものから、血栓症など重大な疾患を引き起こすリスクのあるものまで様々あります。
副作用の発生頻度はごく低いとされていますが、万が一このような症状を感じた場合は必ず医師に相談することが大切です。
一般的にピルは3ヶ月ほど継続して服用することで徐々に身体が慣れていき、このような副作用が起こらなくなります。
万が一いつまでたっても身体に不調が現れる場合は、使用している種類が合っていない可能性もあるので、一度休薬して他の種類を試すことも必要です。
どのピルを使用するかは医師が個人を診察したりカウンセリングを行った上で決定するので、個人の判断で通販などで購入して使うことは止めた方が良いでしょう。
病院にかかっていれば、副作用が発生した場合もスムーズに治療や対応に当たってもらうことができます。

人気記事一覧